事業領域

事業領域

事業領域

持永産業の事業領域は、「不動産という領域」よりもむしろ「人々の生活に必要不可欠な分野」という方が正確かもしれません。その範囲は無限大です。私たちは、それら欠かせない分野のビジネス開発に今後とも積極的に取り組んでいきます。当社のビジネスモデルは商社的発想からスタートしています。ビジネスを組み立てるにあたっては、事業の開発・保有・管理という一連のバリューチェーンをしっかりとグループ企業内で機能させることを重視します。このポリシーを基本として、時代の変化に合わせた事業の柔軟な組み合わせやバランスの良い利益成長を実現させます。

開発・運用・売却・再投資という循環型再投資モデルの構築により、利益率と回転率の向上を図ります。
賃貸住宅やオフィスビルへの投資を通じたストック型事業が基盤作りを支えます。
きめ細やかな管理体制を構築し、管理の質と預り資産の量を高めていきます。

持永産業4つのコアビジネス

持永産業の仕事は、街をつくり、そこに暮らし、そこで生活をする人にとって最適なソリューションを提供すること。私たちの事業領域は、不動産開発事業・不動産賃貸事業・不動産管理事業・不動産サービス事業の4つの軸をベースに「人々の暮らし」に関わる仕事をしています。それらの軸は互いに、組み合わされ、統合され、人々の生活のあらゆるシーンに関わりながら、常に進化を模索しています。

第1の軸 不動産開発事業
不動産の開発・取得・運営・売却を通じて、不動産の新たな価値を創造します。
住宅などの開発事業を自ら行い、または取得、出資、運用し、その不動産の価値を高めることを通じて生み出される収益に着目した事業です。当社がビル賃貸事業で培ってきたノウハウを最大限活用し、不動産の取得・開発、運営管理および売却までのアセットマネジメントを行っています。
第2の軸 不動産賃貸事業
賃貸住宅やオフィスビル等の成長性が見込める優良物件を中心としたポートフォリオを構築しています。
高い稼働率と安定した賃料収入の確保に取り組むとともに、運用資産の着実な拡充により、収益の確保と企業価値の最大化に取り組んでいます。運用資産の拡充に関しては、グループの総合力に加えて、外部パイプラインとの緊密な連携を進めています。
第3の軸 不動産管理事業
不動産管理を通じて、お客様の資産管理をサポートします。
専門的な知識を身につけたプロパティマネジャーを配置し、オーナー様の資産管理と資産形成をサポート致します。
第4の軸 不動産サービス事業
駐車場事業、自然エネルギー事業等を展開しており、今後もビジネスユニットを増やしていきます。
不動産の利活用を通じて、不動産に新たな価値を付けていく事業を行っています。駐車場事業では、社会インフラとしての駐車場に着目し、オフィスビルや公共施設、商業施設などに近接する好立地の不動産を取得し、時間式パーキングを展開しています。